もしはらくんがカップヌードルの作り方を書いたら

 

はらくん(@harakunishere)が去年くらいに買った本なのですが、

もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら

という本を書店で見かけて中身をチラチラ〜とよんで、とりあえず買ってました。 

帰って読んで見ると

太宰治や尾崎豊風などににカップ焼きそばの作り方を説明してあったりしてものすごく楽しかったんですよね。

今でもチラチラみて楽しんでおります。

それで今回は手持ちが200円くらいしかなくてUFOの大盛りを買えなかったので、、、

もしはらくんがカップヌードル(カレー味)の作り方を書いたら

というのをやっていきたいなと思います!

もしはらくんがカップヌードルの作り方を書いたら

第1章 購入

私は浅い夢、いや夢というよりただ単にぼーっとしてただけなのだろうが、そんな状態から目を覚ました。

こういった目覚めは、早朝に目をこすりながら起きるあの感じとはちょっとわけが違う。

なんだかモヤモヤする。

そんなことを思いながら時計を見ると深夜の3:45である。

何もやる気は起きないが腹だけは減っていた。

ぼーっとしながら目をこすりタフィールに水を入れ沸かし始めた、、、なぜかぼうっとしている時にはだるいというような感情も湧かないのか行動力が異常に高い。

そのまま玄関でアパートの鍵をポケットに突っ込んで草履をはきドアを開けた。と思ったら鍵がかかっていた。もう一度ドアの鍵を回してから仕切り直してドアを開けた。

外は暗かったがとても涼しかった。なんだか幸せな気分だった。歩いて30秒ほど目の前にセボンイレボンがあった。

私は今来ている服の酷さを再度確認しなければならなかったが、どうやら今回は許容範囲のようである。そのままセボンの店に入る。

店の中には人気のくせして安っぽい声を持ってやがるアイドルがやっているラジオなんかが鳴り響いていた。店内の品物の位置なんかはほぼ全て頭の中に網羅されていた。

足はすでにインスタント食品の棚に向いていた。

そこでポケットの中の所持金を確認すると、200円と何枚かの一円玉。カップ焼きそばは無理だ。そうなればカップラーメンカレー味と相場は決まっているから対して悩まずに右手でカップラーメン左手で硬貨を持ってレジに行き品物と硬貨を同時に出した。

お釣りとレシートをもらうというコミュニケーションだけだが、この時間の人肌恋しさには効果があったようだ。そして同じ道を帰り玄関のドアを開けてアパートに帰った。

ちょうどタフィールが湧いていた。

第二章 一心入湯

帰って来たらカップヌードルの容器を机においてしばらく眺めるのもよし。転がして遊んで見るのもよし。そうして遊んだ挙句飽きてしまったら食す。というのが通ではないか?いやそれは違うだろう。

私はそこまで我慢ができなかったから早速カップヌードルを開けてみようとする。

だが、背面のシールに気をつけなければならない。背面のシールを失っては全てが終わってしまう。とても地味なやつだがどうやら社会ではそういう奴に限って重要な役割を持っているらしい。

そのシールを慎重に剥がし机に避難させておく。

あとはカップヌードルの容器が着ている透明な服を大胆かつ優しく脱がせてやる。

そして蓋をあける前には容器をトントンと叩き中の火薬を均等に広げていく。

そして、満を持して開くのである。

そこにタフィールからの熱い熱い熱湯を入湯する!最初は荒々しく一気にそそぎ目標線に近ずくにつれて緩やかにタフィールの頭を持ち上げてあげるのが粋な人間のやり方だ。

三分間だけ待ってやる。

 

そして開封していくこれはもっとも重要で息を飲む瞬間である。

利き手でシールを剥がしつつもう片方の手をカップヌードルのボディに添える。そこからいっきに利き手を上に持ち上げると白い湯気とともに黄色い声援が私を迎えてくれるのだ。

そしてその麺を一気にすする。深夜贅沢。いやこれはひょっとして犯罪なのかもしれない。

 

ごちそうさまでした。

第3章 おまけ(スープカレーライス)

麺は無くなっても、もっと味わいたい!なんて美味しいスープなんだ。。

そうだ、コメを入れよう。

そう時またら行動は早かったカップ麺をジャーのところまで持って行き人すくいのコメをぶち込んだ。

スープにはとろみが少ないため普通のカレーライスとはいかない。

むしろ普通のカレーライスだと思ってコメをたくさん入れすぎるとインスタント独特のスープの感じが全てを崩壊させてしまうのだ。したがって、基本スープを楽しむものだと心得てコメを脇役に説得させねばなるまい。

君のヌードルライフに幸あれ

終わり

どうにもならない記事ですが、娯楽として読んでいただければすごく嬉しいです。

あんまり深夜のカップヌードルとか体に良くないと思いますので、食生活も今後は気をつけていけたらなと思います!

ではでは、いつもやっている行動や会話なんかを文字起こしにして見ると意外と面白かったりするというお話でした!