iPhoneのメモだけを使え!〜メモの整理・バックアップ・復元〜

突然ですが、、メモ帳って知ってますか?

バカにしてるのか〜!!

まあそう言われても、無理ないですね。

僕(@kaeru_blog)は2014年くらい前からiPhoneを使っているのですが、その間にいろんなアプリケーションが出て色々便利になったと思います。

でも実際には、僕は全くそういったアプリは使いこなせていなくて、デフォルトで入っているメモ帳を使っているんです。

意外と世の中には僕と同じように「たくさんアプリあるけど使いこなせない」「結局色々なアプリを使ってやっていったせいでどこに何をおいていたのか忘れてしまったー!」とか感じている人も多いのではないかと思います。

 シンプルにアプリを使う!

そんな人に僕が実践しているiPhoneでできるだけ済ましちゃうスタイルを伝えていけたらなと思います!

もし良いなと思ったらやってみてくださいね!

 

iPhoneのメモ帳とは

iPhoneを買った時に最初に入っているアプリケーションです!

最初から入っているのでインストールしたりとかの余計な操作はいりません。

iPhoneを手にとって電源を入れた瞬間から使えるアプリです。

名前からわかる通りメモ帳です。メモを書いたりするものです。

iPhoneのメモ帳で事足りる理由

みなさんが、iPhoneを使ってすることってどんなことでしょうか?

  • 写真をとったり
  • Lineを使ってコミュニケーションをとったり
  • SNSで遊んだり
  • ゲームをしたり
  • ネットサーフィンをして情報を手に入れて勉強したり      など

本当に様々だと思います。

では、メモ帳なんですが、その名の通り「メモ帳」なんですよね。

なので何か覚えておきたいこととか、記録して残しておきたいことを記録するのに使います。

メモ帳を使って思考を整理したりLineで送る文章の原稿を作ったりもできますね。

iPhoneのメモ帳は情報を整理するのに申し分ない機能が揃っています。

またデザインもシンプルなため思考を邪魔されず上手に情報を整理できると思います。

結局言いたいこと!

結局メモ帳は「メモ帳」なのだから新しくメモ用のアプリを入れる必要はない!また、情報整理についても機能的に「メモ帳」で十分!

iPhoneのメモ帳でできること

メモ帳の一番最初の画面

まず、メモ帳を開いてみましょう。

最初の画面はこんな感じの画面ですね。

まず、右下の「新規フォルダ」を押すことで画像でいうと[Yesと言わせる]・[メアドまとめ]などを作ることができます。

もちろんそのフォルダの名前は自分で決めることができます。

同じような情報を一箇所にまとめて整理したいときに役立ちますね。

次に、右上の「編集」ですが作ったフォルダを削除したりフォルダの名前を変更したりすることができます。

また、上から二番目に表示されている「最近削除した項目」で最近削除した文章などを復元したり、完全にiPhoneから削除することができます。

フォルダを開いたら

一番最初の画面でフォルダを作って、そのフォルダを押すとそのフォルダの中にあるメモが一覧でみれる画面になります。

今の画像では何もメモを書いていないので入っていない状態になります。

フォルダの中で色々なメモを書いていくとここに書いたメモがまとめられるんですよね。

まず、右下のいかにも「メモ」な絵を押すと実際にメモを書く画面に移ります。

次に、左上の「<」を押すと一番最初のフォルダを作ったり選択できる画面に移ります。

そして、左下の四角が四つ合わさったマークはこれから書いていくメモ帳の中に貼り付ける画像や添付ファイルを一覧で見ることができます。

左下のマークに関してはこれから説明するiPhoneの機能の紹介を読んでいただければ分かると思いますので、安心してください。

メモ帳の書き方

先ほど説明したように、右下のマークを押すことで下のようなメモを書く画面に移ります。

まず、左上の「<」マークを押すとさっきのフォルダ内のメモ一覧画面へ移動します。

そして、メモ帳の一番上に書いた文が題名として認識されます。

この場合は「サンプル」がこのメモ全体の題名になります。さっきのフォルダ内のメモ一覧に「サンプル」と表示されるという事ですね。

誰かと一緒に編集する

真ん中の上の部分に○で囲まれた人のようなマークがあります。

それを押すと自分の連絡先に登録されている人などから一緒に編集したい人を選んで編集することができます。

ただ、現状としてLineとかの連絡先は知っているけどメアドとかは知らなかったり向こうがアップル製品使ってなかった場合はできないのでこの機能はあまり使えないかなぁとは思います。

次に、キーボードの上の方にある鼠色のバーの機能を左から一つづつみていきます。

メモ帳の中で表を作る

まず一番左は表を作ることができます。

メモ帳の文字の大きさの調整や打ち消し線を引く

次に「Aa」マークを押すと文字の大きさや段落などを調節することができます。

このように、文字の大きさを「タイトル」にしたり「見出しにしたり」。

スペースを空けたり。番号を振り分けたり、文字に打ち消し線を引くことができます。

この「Aa」を使いこなすと綺麗にメモを整理できるようになります。

メモ帳に✔︎ボックスを作る

次に、真ん中の○の中に✔︎が入っているマークを押します。

そうすると下のように✔︎ボックを作ることができます!

メモ帳に書類や写真などを貼り付ける

次に右から二番目の○のなかに+があるマークを押します。

すると、写真やビデオを貼り付けたり、書類をスキャンすることもできます。

(スキャン:文字などを電子データとして変換すること)

またスケッチを追加を押すことによってスケッチをすることができ、その絵をメモに挿入することができます。

このようにイラストを書くことができるんです!(絵が下手なのは、、、突っ込まないでください笑 ちなみにこれはスイカです!)

左上の「完了」を押すと書いた絵がメモ帳に貼られています。

直接メモ帳に書き込む

最後に、一番右の○の中に✒️が入ったマークを押します。

そうすると、さっきの絵を描く画面と似ていますが今回はメモの文章の下に直接描くことができます。

さっき書いた絵の背景が白く貼り付けていあるような状態であるのに対して、直接書いてある様が分かると思います。

では、メモがかけたら右上の「完了」を教えて終了しましょう。

そうするとこんな感じでフォルダの中にあるメモを一覧できる画面に戻ります。画像にあるコーラ・カレー・スイカは追加で僕がメモを作ったものなので気にしないでください!では今度はフォルダ内でのメモの整理についてお話しします!

フォルダ内でのメモの整理

メモがフォルダ内に溜まってくると「よく確認するメモなのに下の方にいってめんどくさいなぁ」とか「このメモは勝手に人に見られると困るなぁ」とかって場合が出てくると思います。

そんな場合について解説しますね。

重要なメモを上の方に留めておく

整理したいメモを右側にスライドします。そうすると黄色いピンのマークが出てきます。

黄色いピンのマークを押すと下のように固定することができます。

この先どれだけ記事を書いたとしても「スイカ」というメモが一番上にくることになります。

固定するのは複数できるので「カレー」も同じように整理すれば「スイカ」と「カレー」のメモが常に上に来ている状態にすることができます。

 

メモにパスワードをかける

次に、整理したいメモを左側にスライドします。そうすると三つマークが出て来ました。一番左を押してみましょう。

すると、パスワードを設定する画面に映るのでパスワードを設定できます!

メモのあるフォルダーを変える

さっきと同じように左側にスライドして、真ん中のいかにも「フォルダー」っぽいアイコンを押します。するとフォルダーの一覧が表示されるのでそこから移動させたい先のフォルダーを選べば移動させることができます。

例えば「食べ物」というフォルダーの中で間違えて「野球に関してのメモ」を作ってしまった場合「野球」というフォルダーに移動させたいですよね。そんな時に使ってみてください!

メモを削除する

メモを削除する方法ですが、先ほどと同じように左側にスライドして一番右の赤いゴミ箱マークを押すと削除することができます。

補足:一度削除したメモでも近い内(最低でも30日間まで)に削除した項目から復元すれば戻すことができます。

メモを検索して探す

メモが溜まってくると見つけたいメモを探すのが難しくなりますよね。さっき紹介したように上の方に留めておく方法もあるのですが、今回は検索する方法です。

多分初めは左のような画面だと思います。検索する場所がない!

そういう時は下にスワイプ(スライド)してみてください。検索画面が出てきます。

ここでメモに含まれているであろう単語を検索にかけるとその単語が含まれているメモを見つけることができます!

はらくん流iPhoneメモ帳の使い方

とにかく人から聞いたことをメモにとる

大学生になるといろんな人に毎日出会います。

更に言えば常に色々な新しい情報に触れる機会があります。

例えば先生から言われる次の試験の日程、提出物なんかも身近で大事な情報ですよね。

そういう情報はまず携帯のメモ帳にメモします。

メモ帳なんかに書いておくと確認したいときに確認できなかったりしますよね。

携帯ならいつも持ち運んでいるから常に確認することができます。

また、他人との会話の中での情報って大抵が整理されていないんですよね。

体系的になってない。

そういう情報ってめちゃめちゃ携帯のメモ帳と親和性が高かったりします。

手記型のメモ帳に いろんなことがバラバラに書いてあったら探すのすごく大変です。

でもiPhoneのメモ帳なら言葉を検索することができるのですぐに見つけることができます。

何より乱雑にいろんな単語を書きなぐってても悪い気がしないです。

手記型だときっちりかきたくなっちゃいませんか?笑

本の内容をひたすらメモる

これも僕の記憶力の問題なのかもしれませんが、本の内容って忘れます。

本当に忘れています。

 

皆さんも一ヶ月前に読んだ本orWeb記事の内容覚えていますかね?

結構忘れているのではないでしょうか?

 

そんな感じで本をメモるのにもいいです。

読みながら「あ!ここ大事。好き。」と思ったことはメモっていくと一年後大変な量になったりしています。

連絡先をまとめて記入しておく

メモ帳に連絡先を記入しておくと直接メモ帳の画面から連絡を取ることができます。

例:0X0X8X$X55 という電話番号をメモ帳に打ち込むとその電話番号の文字列をタップすることで電話をかけれるようになります。

電話帳よりもみやすいし、使いやすくて個人的には気に入ってますね。

iPhoneメモ帳のバックアップの取り方

メモ帳にメモをたくさん取ったら、そのメモが消えてしまうのってとっても怖いですよね。

そのために、バックアップを取っておきましょう!

すぐに終わっちゃいます!まずiPhoneの設定を開きます!

名前を隠すためにわかりにくくなってすいません。開いて一番上の部分をタップします。

そしてicloudを選びメモ帳の部分をonにすれば大丈夫です!

icloudにログインすることによって保存されたメモの文章をパソコンからでも操作することができます!ログインはコチラからです!

iPhoneメモ帳の復元の仕方

最近削除した項目から復元する

メモを開き最初の画面の「最近削除した項目」から削除した項目を選び復元します!

突然メモ帳で書いていた内容が消えた時復元する方法

突然メモ帳で書いている内容が消えた時にはiPhoneをシェイク(振る)してみてください!いやふざけてるわけじゃないんですよ。

そうすると、「取り消す」という確認画面が出てきますので「取り消す」を選択してください!一つ前の状態に戻すことができます!

icloudから復元する

iclouにバックアップを取る方法と全く同じことを行います。

もしオンになっている状態であれば一旦オフにしてからもう一度icloudのメモ帳の部分をオンにしてみてください。

そしてメモ帳をもう一度開くと、icloudにバックアップを取った文章であれば復元していることがあります。

以上です!ここまで読んでいただいた方ありがとうございます!お疲れ様でした。

意外と最初から入っているメモ帳にも色んな機能があったと思います。是非参考にしてみてくださいね!