映画・ドラマを年100本観る僕が勧める!小学生におすすめの映画!

 

浪人中映画観ることしかやらなかったはらくん(@harakunishere)です!

今回は小学生にオススメの映画です!

では早速みていきましょう!

10位 チャーリーとチョコレート工場

 

 

 

ウォンカが経営するチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待された。そんな中、家が貧しいという以外に特徴のない少年チャーリーがいた。5人の子供達のチョコレート工場の見学を通しウォンカの幼少期のトラウマや各少年達の人間性が浮かび上がってくる

 

9位 ナイトミュージアム

 

 

何をやってもうまくいかないバツイチの失業男ラリー。息子を失望させないためにも職を探自然史博物館で夜警の仕事に就く。恐竜の骨や動物のはく製、ジオラマが並ぶ。しかしその博物館は夜になると展示品に生命が宿り動き出す。ラリーはこの博物館の夜警の仕事を全うすることができるのか?!

 

8位 あらしのよるに

 

 

嵐の中の山小屋で出会ったオオカミのカブとヤギのメイ。真っ暗闇のためお互いの顔は見えなかった。そこで心を通わせた二匹は再会を誓い合うが、、。本来はありえないオオカミとヤギの友情を描いている。二人の友情。葛藤。彼らの未来には一体何が待っているのだろうか?

 

7位 河童のクゥと夏休み

 

 

夏休み前のある日、小学生の帰り道に上原康一は大きな石を拾った。持ち帰って水で洗うと、中から何と河童の子供が!!第一声は「クゥ?!!」。康一はこの河童を「クゥ」と名付ける。クゥは康一たちと同じ言葉を話し、何百年もの間、地中に閉じ込められていたことがわかる。最初は驚いた家族もクゥを受け入れ、クゥのことは秘密にしようと決めるがバレてしまう。クゥと康一、その家族はどう向きあっていきていくのか!

 

6位 ホーム・アローン

 

 

パリでクリスマスを過ごそうと飛行機に乗り込んだ15人の大家族。だが、飛行機の中で思い出した大事な忘れ物は……8歳のケビンだった! 家に取り残されたケビンは、一人の自由を思う存分楽しんでいたが、そこに2人組の泥棒が現れた。子供自宅警備員ケビンが自分の想像力をフル活用して泥棒を撃退?

 

5位 ドクター・ドリトル

 

 

ドリトルは子供のころ動物と話せる能力を持っていた。しかし誰にもその能力を信じてもらえず、いつしか動物に対して心を閉ざしてしまっていた。ところが30年後のある日、ひょんなことからその能力が復活する。動物と話せる能力が復活したドリトル先生はどうなってしまうのか!

 

4位 トイ・ストーリー2

 

 

おもちゃコレクターに盗まれてしまったウッディ。このままでは日本に売りとばされてしまう。そこでバズたちは、ウッディを助けるために家をとび出した! コレクターの家で、かつての仲間に再会したウッディが、このまま仲間と日本のオモチャ博物館で生きるか、バズたちのもとに帰るかの選択を迫られたり、やがて捨てられる運命にあるオモチャたちの悲しみが描かれたり。おもちゃという「生き物」がどう生きるか

 

3位 アラジン

 

 

貧しいけれど清い心を持った青年アラジンが手に入れた魔法のランプをこすると飛び出したのは、願いごとをかなえてくれるというとっても愉快な魔人のジーニー。 ところが邪悪な右大臣ジャファーも、魔法のランプを手に入れようと狙ってた。アラジンがジャファーをやっつけ、自由奔放な王女ジャスミンとの恋を実らせるには、恐れずにありのままの自分である必要があった

 

2位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

 

「クレヨンしんちゃん」シリーズ劇場版第10作。ある日の朝、庭を掘り返した飼い犬のシロが、古い文箱を発見。中には下手くそな文字で「おひめさまはちょーびじんだぞ」と書いてある。それは書いた覚えのないしんのすけ(矢島晶子)の手紙だった。その日の夢に出てきたおねいさんが「おひめさま」なんだと思った瞬間、しんのすけは戦国時代にいた。そこで春日家の家臣・井尻又兵衛(屋良有作)とおシリ合いになる。野原一家が天正2年にタイムトラベルし、騒動に巻き込まれる「クレヨンしんちゃん」シリーズ10周年記念作品。よく練られたシナリオやギャグでたっぷり笑わせた後は、感動的なラストシーンでほろりとさせる。その内容が認められ、第6回文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門大賞をはじめ、さまざまな賞を受賞した傑作であり、また時間SFという視点で見ても存分に楽しめる作品

 

1位 おばあちゃんの思い出

 

のび太は、ゴミ捨て場に幼いころのお気に入りだったクマのぬいぐるみ(以下、クマちゃん)が出されているのをたまたま見つける。つぎはぎだらけのうえにボロボロのクマちゃんを持ち帰ったのび太は、幼稚園児のときに死別したのび太のおばあちゃんがぬいぐるみを繕ってくれたことを懐かしむ。クマちゃんを手に部屋でドラえもんにおばあちゃんとの思い出を話すのび太は、ふとタイムマシンを使えばおばあちゃんに会えると思いつく。それでも会いたいのび太は、「それじゃあ姿を見るだけ」とドラえもんに約束して2人で8年前に出発するが、到着した過去では、幼いのび太がおばあちゃんを困らせていた。そんな幼い自分を見たのび太は、「僕はわがままばっかり言ってた」と自責の念にかられる。見守るだけのはずののび太は、最終的におばあちゃんと対面して言葉を交わすことになる。

 

終わりに

映画っていいですよね。

本当にいいですよね。

是非みなさんも映画ライフ満喫してください。

僕は今はAmazonPrimeだけですが、NetFlixや Huluなどもおすすめです。それぞれのサービスが得意なジャンルが違います。無料でお試し期間がありますので是非三つ全てのサービスを一回試してみてどれか一つに絞ることをおすすめします。僕は三つ全て試した上で年間で見ると一番料金が安くなるAmazonPrimeを選択しました。