【書評】まんがで読破シリーズが超おすすめ!読書嫌いならこれで良くない?

 

本を読むのは好きだけど、読むまでのハードルが高いはらくん(@harakunishere)です!

みなさん本読んでますか?

 

本読むのが一番費用対効果の大きい投資だ。とどこかの誰かが言っていた気がします。

 

読書はした方がいい。

 

っていうのはわかってるけど、

だっっり!だっりーわ〜

って思ってる人も多いですよね。

 

純文学とかだと特にそうですよね。

 

そんな方に紹介したいのが

 

まんがで読破シリーズ!

 

です。

実はこのシリーズ10年以上続いているシリーズで累計350万部を突破している実績のあるシリーズのようです!

 

 

学生にオススメ!まんがで読破シリーズの良いところ

漫画だから読みやすい

まんがで読破シリーズはその名の通り漫画だからものすごく読みやすいです!

しかも、扱っている本が硬派な本が多い。

 

古事記や相対性理論・コーランまであります。

 

 

あなたは古事記って読む気力あります。。。?

 

僕はないんですが、、、多分あなたもないですよね。

 

でも漫画だからそんな本も理解しやすいんです。

古事記については僕も読んだのですがものすごく読みやすかったです!

 

絵が素敵

まんがで読破シリーズ こころ より 1ページを引用します!

 

 

こんな感じの絵です!

 

結構素敵じゃないですかね?本の世界観がすっと入って来るんですよね。

 

結構この手の「〜〜〜〜を漫画にしてみた!」みたいな書籍の中には絵とかがあんまり良くなかったり、そこまで漫画の部分にクオリティーを置いていないものがありますよね。

 

そういった経験ないですか?

 

でもこのシリーズはしっかり絵もクオリティーが高いです!

 

Kindle Unlimitedで読むことができる

 

これはKindle Unlimitedに登録されている方や登録を考えている人にお伝えしたいんですが、無料で読むことができます!

 

ちなみに僕もKindle Unlimitedに登録しているので無料で読んでいますよ〜

書店で買ったら500円以上するので二冊以上読んだら元が取れます笑

 

 

このシリーズは学生さんこそオススメです!

 

結構現代文の授業とかで純文学の一部分をやったりしますよね。

この小説が名作だ!とか友達や先生から聞く機会も多いと思います。

 

でも読む時間なかったりしますよね。部活やら学業で忙しくて。

でもこのシリーズなら一冊一時間もあれば読めます!純文学の名作が一時間で味わえるって結構いいと思います。

 

まんがで読破シリーズのデメリット!

とはいうものの、原作に比べて劣っている部分もあります。

 

まんがで読破シリーズは原作の内容を漫画伝えるというシリーズです。

もちろん小説に関しては、登場人物の台詞だったり重要なナレーション部分はそのまま書かれているのですが、やっぱり飛ばされているところもある。

 

加えて絵に集中力を割かれてしまう。

 

なので原作の文章の質だったりを味わいたい方にはオススメしません。

ただそういう方でも一度まんがで読破シリーズで読んでおいて、

そのあとに原作を読んでみると殆ど挫折することがないでしょうし、

登場人物のイメージも漫画で掴めているのでより内容に集中できるのではないでしょうか。