【簡単】WorldPressでのブログのSSL化!メリットと手順

 

SSL化という作業にめちゃめちゃ苦戦したはらくん (@harakunishere)です!

簡単にいうとSSL化とはサイトの URLをhttp://…からhttps://…に変えることです!

こんな感じで苦労しました。

 

 

それでも色々検索したり試したりして何とかSSL化できました!

 

 

今回はその手順についてです!

 

ブログをSSL化するメリット

SSL化するメリットは以下のとうりです。

  • サイトへの訪問者が減る
  • アクセス解析の精度が下がる
  • 新しい技術に対応できない可能性がある

サイトへの訪問者が減る

httpのままということはhttpsより安全性が低い状態のようです。

ということはhttpsのサイトよりもGoogleさんからの評価が低くなってしまうわけですね。

なので所謂SEO的にはSSL化してGoogleさんからの評価を高めた方が言い訳です。

また2018/10〜Google ChromeではURL部分に赤字で「このページは保護されていません」というような警告文がつくようです。

めちゃくちゃ怖くないですか?

そんな警告が出るページに飛んだらすぐに戻りたくなりますよね。

よくスパムサイトとか偽サイトを見分ける時にhttpかhttpsかどうかを見ろ!みたいに学校で教わりませんでしたか?

アクセス解析の精度が下がる

逆にいえばSSL化によってアクセス解析の精度が上がるわけです。

その理由はリファラ情報というものが得られやすくなるからだそうです。

 

リファラとは、あるWebページのリンクをクリックして別のページに移動したときの、リンク元のページのこと。Webサーバアクセスログに記録される項目の一つ

 

上に書いてあるようにリファラとはアクセスログに記録される項目の一つなわけです。

そのリファラの情報が集まりやすくなればGoogleアナリティクスなどの精度は上がりますよね!

リンク元がSSL化されたページ(https)であった時、そのページからSSL化されていないページ(http)に飛んでも、リファラ情報はブラウザが拒否してしまうらしいです。

 

新しい技術に対応できない可能性がある

現状として公式サイトなどはほぼSSL化されていますし、政府機関のサイトはSSL化が義務づけられたりしています。

 

SSL化しましょうよ〜!という波はとっくにきているわけですよね。

そして色んなサイトがSSL化しています。

 

なのでSSL化したサイトに有利なように技術は進んでいきます。

 

SSL化の方法( Xserverの場合)

 

僕はXserverを使っているのでXserverを例にして説明をしていきます!

本質的な部分はXserver以外でも変わらないと思いますので参考にしてみてください。

手順

  • バックアップを取る(BackWPup Freeというプラグインを使用)
  • Xserverでサイトの SSL化設定を行う
  • WordPressの設定からURLを変更する
  • Xserverで.htaccessを編集する
  • 内部の色んな URLをhttpsに変更する(Search Regexというプラグインを使用)

 

以上が手順になります。

もしこの手順を踏んでもエラーが出てしまう場合は一つ一つエラーを修正していく必要がありますのでググりながら頑張ってみてください!

ちなみにエラー箇所の発見方法としてGoogle ChromeでF12というキーを押して出てくる検証用のページを参考にする方法がありますので調べてみてください!

ちなみにMacではF12というキーがないこともあると思いますが、fnという右下のキーを押すことでF12という選択肢が出てきます!

 

では手順の説明をしていきますね!

 

バックアップを取る

バックアップを取るために

BackWPup というプラグインを追加して有効化しましょう!

 

そしたらBackWPupのダッシュボードを選択しましょう!

 

データベースのバックアップをダウンロードをクリックすれば終了です!

 

XserverでサイトのSSL化を行う

 

まずはXserverにログインしましょう!

 

そしたらドメインからSSL設定を選択します。

 

SSL化したいドメインを選択し、独自SSL設定の追加をクリックします。

 

ここで独自SSL設定を追加する(確定)をクリックすればOKです。

CSR情報を入力するという部分にはチェックを入れなくても大丈夫です!

 

WordPressの設定からURLを変更

またWordPressに戻ってきました。

ここで設定の「一般」というのをクリックします。

WordPressアドレスとサイトアドレスがhttpのままだと思いますので、httpsに直します。

設定を保存したらOKです。

Xserverで.htaccessを編集する

Xserverの公式ページにも書いてありますが

.htaccessを編集していきます。

 

ホームページから.htaccessをクリックします。

 

.htaccess編集をクリックします。

 

すると最初にごちゃごちゃ色々書いてあると思います。

そこは無視しましょう。

 

そして最初っから記載されている分の上の部分に以下のコードを貼り付けてください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]


 

そして.htaccessを編集する(確認)をクリックすればOKです!

 

内部の色んな URLをhttpsに変更する

いよいよラストとなりました。

この作業もプラグインを使っていきます。

Search Regexというプラグインをインストールして有効化しましょう。

 

ツールからSearch Regexを選択します。

そして上にhttpのURLを下にhttpsのURLを打ち込みReplaceをクリックします。

 

そうするとhttpsに変更後の URLが出てきますので確認してみてください。

きちんとhttpsになっていることが確認できたら

Replace&Save>>をクリックします。

 

あとはきちんとサイトがSSL化(https)になっているかを確認してきちんとなっていたら大丈夫です。

 

もしなっていなかった場合はChromeのデベロッパーツールを利用することで不具合が起きている部分を確認して、修正してみてください!

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』