【必見!】大学生の夏休み明けの切り替え方!ダラダラ解消法!

 

夏休みが長すぎてダラダラしてしまっているはらくん(@harakunishere)です!

 

いや〜大学生の夏休み長いですよね。

2ヶ月くらいあるわけです。そりゃー2ヶ月何もやる事なかったらダラダラして病みますよね笑

 

やる気の出し方・夏休み明けのスタートの仕方をご紹介します!

 

夏休み明け大学生は生活リズムを整えよう

 

先ずは何より生活リズムを整えることから始まります。

 

睡眠のリズムを整えよう

長期休みになると睡眠のリズムが狂いますよね。

 

夏休み明けに学校に通うためにも朝しっかり起きて夜に眠れるようにしましょう。

 

スタンフォード式最高の睡眠!漫画で読めるからオススメだよ

 

大学生や社会人の方は飲み会や仕事などでなかなか難しいかもしれませんが

22:00〜2:00までって睡眠のゴールデンタイムと呼ばれています。

良質な睡眠が取りやすい時間帯ですね。

この時間帯に睡眠時間が取れるように意識するのも一つの手かもしれません。

 

補足:上記の事は結構大学生や社会人には厳しい条件だと思ったので以下の具体的な手法の中には含ませませんでした。

 

起きる時間を決めて日光を浴びよう

睡眠のリズムを整えようと思った時に「眠る時間」から決める人も多いと思います。

でも眠れなくないですか?

お昼12時まで寝てたのにその日の22:00くらいに眠るって結構きついと思います

 

なので起きる時間を決めましょう。

最初は少し遅めでも良いかもしれませんね。

そして日光を30分くらい浴びてみましょう

 

といっても朝は忙しかったり、ゆっくり日向ぼっこする時間なんて無いと思います。

カーテンを明けて部屋の電気をつけるだけでも良いと思いますよ!

 

無理に寝ようとしない

当たり前ですがリラックスしないとなかなか寝つく事は出来ません。

なので「7時に絶対起きなきゃ!」とか「23:00に絶対寝なきゃ!」とかって思わないでください。

ゆっくりリラックスして眠れなかったら音楽を聞いたり読書をしても良いでしょう。

 

携帯などの端末をかまわない

これはよく言われている事なのでご存知の方も多いのでは無いでしょうか。

携帯やタブレット、PCなどブルーライトが出る端末の使用を控えましょう。

またどうしても携帯を構ってしまう人はブルーライトを軽減する保護シートなどを購入すると良いと思います!

 

寝る直前はなるべく体温をあげない

寝ている状態というのは体温が低いです。

つまり眠りに入るためには体温を下げないといけません。

無理して氷水に浸る必要はないですが、寝る前に長い時間湯船に浸かるというのは控えましょう。

できれば寝る2時間前くらいにはお風呂を済ませて起きましょう。

もし寝る直前にお風呂に入りたい場合はシャワーで済ませるのをオススメします。

頭を冷やす

氷水のようにキンキンに冷えたもので冷やすと逆効果になる場合があります。

ただ少し冷やしたタオルなどで頭を冷やしてあげると寝付きやすくなります。

 

 

目元を温める

個人的にこれは実体験としてもめちゃくちゃオススメです。

よく勉強とか携帯の画面を見すぎて疲れた時とかに目をほぐしたりしますよね。

あれ結構気持ちよくないですか?

リラックス出来ますよね。

目を温めて目の緊張や疲労をほぐすとリラックスすることができます。

 

僕が使っているアイテムはこれです!

 

 

最近では充電式で温めるアイマスクもあるようですが、このあずき100パーセントの奴がちょうど良い温かさに調節しやすくて良いです。

めちゃめちゃ気持ちいですよ!コスパは最高だと思います。

 

食事をしっかり取ろう

長期休暇中って一日一食だったりコンビニで買ったカップ麺だったりして不規則になりがちですよね。

厚生労働省のページでは個人の食生活目標の例に以下のような項目をあげています。

●適正体重を維持する。
 注)適正体重:「[身長(m)]×22」を標準
 (BMI(Body Mass Index)は「体重(kg)/[身長(m)]」で求められ、BMI=22を標準とする。)
●1日あたりの脂肪エネルギー比率を20~25%にする。
●1日あたりの食塩摂取量を10g未満にする。
●1日あたりの野菜摂取量を350g以上にする。 
●カルシウムに富む食品(牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜)の摂取量を牛乳・乳製品130g、豆類100g、緑黄色野菜120g以上にする。
●自分の適正体重を認識し、体重コントロールを実践する。
●朝食を食べる。
●1日最低1食は、きちんとした食事を、家族等2人以上で楽しく、30分以上かけてとる。
●外食や食品を購入する時に栄養成分表示を参考にする。
●自分の適正体重を維持することのできる食事量を理解する。 
●自分の食生活に問題があると思う場合は、改善に努める。

 

かなり堅苦しいし、いきなりここに書かれている項目を全部達成するのは結構厳しいですよね。

自分の中で最低限の目標を決めておくと良いです。

  • オススメの目標は
  • 1日1食は食べる
  • 朝食を食べる
  • 肉・魚類、ご飯やパンなどの主食、野菜の三食食べる

以上が結構オススメだったりします!

 

小学校の時から慣れ親しんだ食事バランスガイドを使用して目安を把握しておいても良いですね。

 

 

 

関市役所公式ホームページから引用

 

とは言っても朝から自炊したりがっつり食べたりするのはなかなか厳しいですよね。

そういう時はコーヒーなどの飲み物とヨーグルトなど食べやすいものをお腹に入れてあげましょう。

 

寝て起きた時は何時間も水分をとっていませんから、軽く脱水症状になっています。

水分を取りましょう。

またヨーグルトは胃の調子を整える効果がありますよね。

お通じもよくなると言われています。

 

ちなみに朝ごはんは起きてから45分後くらいに食べるのが良いとされているようです。

 

お部屋を掃除しよう

自分の過ごす部屋を掃除するのも気分を変える有用な方法です。

僕は高校生の頃勉強のやる気が出ない時は部屋の片付けをしていました!

スッキリした気持ちになってやる気が出るんですよね。

 

部屋を片付けるコツですがまずは部屋を区分に分けます。

机周り。

ソファーの上。

床。

そしてその区分ごとに掃除をしていきます。

オススメは床以外の一番散らかっていない綺麗な場所から片付けていく事です。

 

そして順番に片付けていき最後にゴミを捨てて、床に掃除機をかけたら完成です!

 

やる気を出すには行動するしかないよ!ってお話

やる気がない。

モチベーションがないって結構嘘だったりします。

メンタリストのDaigoさんが以前

やる気というのは身体の疲れとかではなく思い込みというのが大きい

という風に言っておられました。

 

もちろん身体的に疲れてやる気が出ないとか、生活リズムが乱れてしまってやる気が出ないとかはあると思います。

なので生活リズムを整える事が一番重要かもしれませんが、、、

 

じゃあ「やる気が出ない」っていうのがただの思い込みなら

どうすれば良いのでしょうか?

どのようにしたら対処することができるのでしょうか?

 

その解決方法は

行動することです。

 

あなたも

勉強やり始めるまではやる気なかったけどやり始めたら意外と長い時間勉強していた!

外出するのがめんど臭かったけど玄関から外に出た瞬間良い気持ちになった!

とかとか。。。

 

結局やる気がないって。

行動するやる気がないというより、行動を始めるやる気が起きないって事だと思うんですよね。

 

だから動いちゃえば良いんですよね。

 

 

例えば勉強のやる気が起きなかったら

単語帳の一単語だけやってみる。

もしその一単語やって飽きたらやめれば良いんです!

そしてまた一単語やってみる。

それを繰り返すと自然と勉強できます。

 

例えば家事だったら

お皿を一枚だけ洗ってみる!

洗濯物を一枚だけ畳んでみる!

 

もしそれでもめんど臭かったら

とりあえず立ってみよう!

立ったら褒めてあげる。

とりあえずお布団片付けてみる!

 

そんな感じで小さな事で良いのでとりあえず一つ一つ行動していく事でやる気って起きてくると思います!

 

やる事リスト・リマインダーは作ったらダメ!

これはえ??って思う方も多いかもしれませんが、やる事リストやリマインダーを作るのはやめましょう!

理由はできないことの方が多いからです。

それでも作った方がやることが明らかになってやる気が起きる人もいるかもしれません。

 

でもやることリストを作って満足していませんか?

それに書かないと覚えられないほどの量を一日で終わらすのは厳しいし、やる気が逆に起きなくなると思います。

とりあえず行動してみてその都度次これやろ!これやろ!って行動していくのが良いと思いますよ!

 

これは受験でも言えることなのですが

勉強計画を立てるメリットよりも勉強計画がうまくいかずに自分に嫌悪感を抱くリスクの方が大きいので気をつけないといけません。

また受験に関しては別途記事を書いていきたいと思います!

細かいオススメのテクニック

新しい日課を作る

新しい日課を作ることで新たな気持ちで過ごすことができます!

音楽を聞いて切り替える

音楽を聞いて気分を切り替えるのも結構有用な方法です!

外に出る前に聴く曲。寝る前に聴く曲。朝起きた時に聴く曲を決めておくとなお良いかもしれません。

友達と話す

友達と話したりできるだけ人と接する時間を作るのも重要です。

人に会うとなったらダラダラせず身なりとかもキチンとしますもんね。

できるだけ暇な時間を作らない

暇な時間をつくると結局ダラダラゲームや動画をみたりしちゃうと思います。

じゃあできるだけ暇な時間を作らないようにしましょう!

 

 

 

まとめますね!

健康的な生活&とにかく一つ一つやってみる!

 

気分転換してもやる気は起きない!行動の後にやる気は起きる!

やる気→行動 ではなく 行動→やる気

 

では、夏休み明け頑張っていきましょう!