大学受験オススメのサイト!勉強法など参考になるサイトを紹介するよ

こんにちは!現役大学生のはらくん(@harakunishere)です。

プロフィールにも書いた通りはらくんは

引きこもりになるまではガッツリ勉強をやっていました!

 

そのおかげで引きこもりからほぼ勉強することなく国立大学にも受かりました。

 

引きこもりになるまでは本当に死ぬ気でやってたんですよね〜。。。

 

今回は受験期に色々経験した僕が、無料で使えて勉強になるサイトをご紹介します!

 

僕は受験勉強をWebサイト中心にやっていくことはオススメしていません。

むしろ「学校の勉強を中心にやっていき、塾・予備校なども補助程度にとどめておくべき。」と考えています。

ただ、学校外の時間でどうしてもわからない問題調べたいことというのは出てくると思います。

そんな時に、今からご紹介するサイトをぜひ参考にしてもらってネットサーフィンの時間を減らして欲しいなぁ〜って考えています!

受験の月(理系受験生にとっての神サイト)

受験の月(@examoonist)が管理されているサイトです!

理系の方にオススメするサイト。

内容

サイトの内容を二次関数の部分を例に具体的に紹介します!

 

すごく見やすいですよね!色使いもちょうどよくて楽しいです。

解放のまとめ方もとても理解しやすくまとめられています。

 

学校で問題集なの配られていると思います。

その問題集が目標大学基準ではなく現在の自分の実力だけを考えて、自分に合った問題集であるならこのサイトこのまとめの部分を参考にご自身の問題集の問題を解いてみましょう!

もし、問題集が配られていない。

話題とされている内容に合った問題が見つからない。

ということであれば問題も用意されているので練習して自分のものにしてください!

 

使用していた感想

物理は絶対量が少なかったのでこのサイトを参照することはあまりなかったです。

しかし、化学・数学の内容は十分に難関大学にも通用するボリュームがあります。実際このサイトで紹介している内容には進学校が受験直前に教えているような比較的難易度の高い内容が入っています。

(僕の出身の高校はある程度の進学校でしたが網羅性で考えればこのサイトの方が情報量は多かったと思います。)

特に数学には圧倒的安心感がありました。

 

大学受験パスナビ(志望校の情報はここで探せ!)

友達や掲示板などの情報は鵜呑みにしない!

これめちゃくちゃ大事です。

もちろん友達は大切にしてくださいね。

でも、受験のプロでもない友達の情報に自分の人生を委ねるのは自分にとっても友達さんにとってもあんまり賢いやり方じゃないですよね。

また、このサイトは株式会社旺文社という有名な出版社が運営しているサイトです。

本が好きな方は旺文社という名前はよくご存知かもしれません。

 

 

知らない方のために

旺文社さんは

螢雪時代

という有名な大学受験冊子を発行されている出版社さんです。

螢雪時代は進学校の図書館でよく見かける本なんです!

ものすごい内容ですよね。

 

サイトの内容をもう少し具体的にご紹介します。

 

この機能を利用するためにパスナビを訪れる方もおられると思います。

志望校や自分の理想に合った大学を検索し、その大学の情報を細かく把握できます。

 

また、大学受験雑誌を発行されている旺文社さんだけあって、有用な勉強法や最新情報などの記事も読むことができます。

使用した感想

僕はこのサイトを志望校の情報など大学の情報を集めるのに参考にしていました。

出題傾向から学費、倍率の把握、大学の資料請求までこのサイトだけで行うことができます。

デザインも良く。読みやすくて信頼できるサイトでした。

勉強法や志望校など。勉強の内容以外で困っている方はこのサイトをオススメします。

個人ブログや掲示板は偏った考えの方も多いですし、信頼できないのでやめましょう。

何でもそうですが、近道はなくても王道というのはあります。

ぜひ老舗の出版社さん運営のパスナビ参考にしてみてくださいね。

 

定期テスト対策サイト(つまずいたらこのサイト!)

天下のBenesse様が運営する教育情報サイトの一部分です。

ページのタイトルは「定期テスト対策サイト」と書かれていますが

高校で教えられたものが大学受験に出題され、高校の定期テストにも出されていますので受験に参考になる情報しか載ってません。

内容

  • 中学編 〜 英語・数学・理科・社会・勉強法 〜
  • 高校編 〜 英語・数学・国語・理科・地歴&公民・勉強法 〜

Benesseさんは進研ゼミなんかでおなじみですよね。

有名な企業さんなので学生がつまづくポイントを把握しておられます。

そんなつまづくポイントに関してまとめて解説したのがこのサイトです。

英語の解説の部分を具体例に紹介しますね。

 

 

 

こんな感じで受験生がつまずくであろうポイントに絞って細かい具体的な内容が解説されています。

 

使用した感想

英語で良く利用していました。

数学など理系科目は解説を見ればある程度理解できると思うのですが

暗記系の文系科目は「あっここはもっと深く理解した方が覚えやすいな」とかあると思うんです。

そういう痒いところに手がとどくサイトになっているなぁ〜と思いますね。

 

特に

他のサイトはこの参考書を使ってこういった勉強法をしましょう

という風に解説されていると思います。

でもこのやり方だと現役生はまず出来ない。

そんな余裕はないはずですよね。毎日の授業の予習に部活、学校のテスト勉強に塾での勉強。

限りある勉強時間をまた新しい参考書を購入して指定された勉強法で行う。。。

 

破産するよ

 

まあ破産するんですわ。出来ないですよ。

 

僕は基本内職してましたが、それは自分がそういうやり方があっていたからです。

でも、授業中自分だけ飛ばされて当てられたり、全然先生が相談に乗ってくれなかったり。絶対内職やめた方がいいですよ。

学校卒業した後の同窓会とかほんと行きづらいし、何より学校で楽しい思い出ができにくいです。

 

それなら定期テストの勉強を学校の授業をしっかり聞くことで終わらせて、余った時間で自分の勉強をした方がよっぽど合理的だと思いますね。僕は、、、

 

あ脱線しましたね。すいません。

まあ他のサイトはそんな感じで参考書の指定も同時にしてきたりするわけですよね。。。

 

でもBenesseさんの勉強法の紹介は違います。

例えばこんな感じです。

学習法・物理(引用:Benesseさんのサイト

【質問の確認】

こんにちは。
いただいた質問についてお答えしていきましょう。

「物理の難しい用語や公式・法則などを学校で習いますが、普段の予習・復習をどうしたらいいかわかりません。」

というご質問ですね。

 

【解説】

物理は身のまわりの自然現象に関するいろいろな疑問に答えてくれる学問です。
電気や物体の運動、光や音などを学び、いつも使っている電気や光がなんでこんなに便利なのかわかるようになります。
特徴は「数学に似て式を立てて考えることが多い」ことです。速さや温度など数式で表すと大きさや量の変化がわかりやすくなるからです。数式ですから読むだけでなく書いて変形するなど手を動かすことが大事になります。以下のポイントを参考に取り組んでみてください。

● 復習中心でやりましょう

学習は復習中心で大丈夫です。授業ではどんな現象を扱うのかをまず知るようにしましょう。
復習では授業で出てきた法則や公式を、自分で導き出して紙に書いてみましょう。
もちろんノートを見ながらで構いません。法則が導かれる手順を学ぶことが大切です。
「導くなんて面倒、公式の丸暗記で十分」と思っている人がいますが、それだと「公式にただ当てはめればいい問題」だけしか解けません。

………続く

読んでもらえばわかるように

この参考書でやったらいいですよ!というような解説が一切ありません。

 

もちろんこの参考書でやったらいいよ〜という解説が欲しい方もおられるとは思いますが、現役生はもし自分の高校が自分のレベル及び志望校に合った学校であればとにかく学校中心!

それが一番いいのでBenesseさんのこのサイトはとても参考になると思います。

 

その他大学受験の参考になるページ

その他のサイトで有用なサイトを集めました。

興味ある方は以下のサイトもチェックしてみてください。

ちとにとせ

地理・日本史・世界史が勉強できるサイト。

社会系の大学受験用のサイトは内容が良くなかったり、見辛いサイトも多い印象だが、その中でもみやすくわかりやすい!

ただし、サイトの操作に慣れるまで苦労するかもしれません。

大学入試攻略の部屋

物理・化学の内容が勉強できるサイト。

講義動画を見ることもできます。

問題とその解説が公開されているが、問題の内容は基本的な問題から少しひねったものまで有名な良問が並んでいるという印象を受けます。

また運営者さんは以下の二冊の本を出版されている方です。

 

古文’s room

古文の文法が学習できるサイトです。

貴重な文系分野のサイトですね。

現役の国語科の教員の方が運営されているサイトでYoutubeでの解説講義とセットで学習することができます!

マナペディア

中学から高校までの各科目を学習することができます。

内容は定期テスト対策になるようなものが多い印象ですね。

網羅的に内容が散りばめられていますのでパラパラみてみて参考にしてみましょう。

ただ地理に関しては統計がだいぶん古く受験範囲から外れていますので無視しましょう。

 

以上でサイトの紹介を終わります。

こんな感じで意外と勉強方法

以外について書かれた大学受験のサイトって少ないんですよね。

みんな参考書とかをこれ使ったらいいですよ〜とか。

偏差値あげるには〜みたいな内容ばかりですよね。。

 

そういうのは学校の先生に相談しましょう。

もし学校の先生に相談するのが嫌なら塾や予備校の先生。

それでも嫌なら僕(@kaeru_blog)にツイッターで連絡いただけたらできる範囲で回答しますよ!

 

では、受験勉強頑張ってください!