君は大学に行くべきか?大学に行くべきかの議論について語ってみるよ

 

大学へ全く行きたいと思ったことは無いのに

大学に通っているはらくん(@harakunishere)です。

 

今回は少し前一部で話題になった「大学へ行くべきかどうか?」についての話をしていきたいと思います。

 

大学なんて行かずにサロンへ入れ!で議論勃発

どうやら

大御所ブロガーのイケハヤさんのこのツイートが発端のようです。

 

そしてインフルエンサーのはあちゅうさんがこれに乗っかりました。


さらに

藤田華鳳さんが上の二人に対する反論をTweetしたことから議論がもりあがりました。

 


こんな感じの流れです。

これらのツイートからリプライ合戦が始まり、議論が大きくなったというわけですね。

 

「大学行くべき?議論」に関するはらくんの考え

いよいよはらくんの考えを話していこうと思うのですが

 

僕はこんな事を呟いていました。

 

 

今回はこのツイートの意図も含めて書いていきたいと思います。

 

まず今回のイケハヤさんのツイート何ですが、これに関しては何の問題もないと思います。

「イケハヤさん」が今大学生なら「イケハヤさん」ならどうしてるか?

を語っておられるだけなので

 

ハァ〜ヘェ〜〜くらいで適当に流したり受け止めたりすれば良いと思います。

 

僕が結構今回の議論勃発の原因だと思うのは「はあちゅう」さんなんですよね。。。

 

彼女はもともとインフルエンサーなのでどうしてもそう言った喋り方になってしまう。

またそれが正しい姿だと思います。

 

これは結構言葉の問題かもしれませんがね。。。

 

イケハヤさんが大学へ行く事を別に否定はしていない

のに対して

はあちゅうさんは大学へ行くことは無駄

とも取れる発言をしている。

 

 

でも、良い面もありますよね。

 

人って快感が得られるものや過激な表現には寄ってきますから

インフルエンサーとしては上手いのかもしれません。

 

結局今回の議論ってこれが全部だと思います。

 

イケハヤさんの議論にはあちゅうさんが過激な装飾を加えて

 

なんかそれを気に入らなかった人たちがリプライや持論を交わす。。。

 

結局卓上の茶番劇なんですよ。

 

僕はそう思っています。

 

別に批判してないですよ。そういうのも必要ですから。

 

ただ大学で勉強している身からすると

彼らには「真剣に現在の大学やサロン」に関して議論する気はないですよね。

 

批判的な意味ではなく単純に。

 

ちょっと散らばったのでまとめると

 

そもそも議論を意図してないものを対象に議論しても仕方ないということですね。

 

なので「どうでも良い」とツイートしました。

 

本当に議論するならエビデンスだったり資料だったりをあげないと話ができないですよね。

 

はらくんは大学へ行くべきだと思うのです

そうは言ってもせっかくなので議論していきましょうか。。

 

今回は一つの指標として年収を持ち入ります。

資本主義なので、、、

出身大学別平均年収 引用:President online

 

まずは、大学別の年収ですね。

これを見てわかる通り偏差値の高い大学の出身者ほど年収が高くなる傾向があります。

 

次に最終学歴別の年収を見てみましょう。

引用:Nikkei style

歳をとればとるほど最終学歴によって年収が変化することがわかります。

 

以上のデータから

大学に入ったほうがいいよ〜ということが分かります。

 

しかし、これはあくまで統計的なものですし、例外もたくさんあるでしょう。

実態経験的にも例外がたくさんあります。

 

ただ別に大学を出ることは悪いことではない気がしますね。

 

また大学へ行かずにサロンへ入ればいいじゃん?

という意見がありますが

自分はこれを強者の意見だと思っています。

 

強者 (自分に根拠のある自信を持っている)が自分の力を最大限発揮するための手段。

 

そういう強者のための手段として大学をやめてサロンに入るのはいいかもしれませんね。

 

ただ、普通に大学入りながらでも出来ると思いますけどね、、、色んなことが。。

 

僕は大学に通いながら定期テストもちゃんと受けながら

仮想通貨とマルチ商法で10万づつ稼ぎました。

テスト前の一ヶ月で。

 

あんまり上記の話はしたくないのですが(マルチとか仮想通貨ってなんか怪しそうにみられるし、実際ヤバい面もある。)一つの例として伝えておきました。

 

なんでも出来ますよw

 

 

大学通わずにサロンに入ったとしてお金はどうするんですかね?

バイトするなら大学入ったらいいんじゃないですかね。

 

実際奨学金を借りるのはオススメしていないですけど、、、

 

サロンに入りながらバイトするなら

 

奨学金借りながら大学行ってサロンに入ったら良いのでは、、、と思ってしまいます。

 

まあとにかく、、コツコツやって行けばいいと思いますよね。

そんな極端な方法を取らなくても。

 

方法は至極単純平凡で結果的に尖ればいいのではないでしょうか。。。

 

最後の方雑になりましたが以上が思ったことです!