【Appleユーザー必見】AirDropで作業効率を3倍にする方法

 

どうも!はらくん(@harakunishere)です!

最近こんなニュース聞きますね。

Phoneの便利機能を悪用し不適切な画像を送る「AirDrop痴漢」 その対策方法とは?

AirDropがなんだかマイナスなニュースで話題になっているみたいですね。

でもAirDropって使いこなすとめちゃくちゃ便利なんです。特にiPhoneとMacを両方持っている方は作業効率をかなりあげる事ができます。

今日はそんなAirDropについてお伝えしていきます。

ちなみに3倍というのは体感です。

MacからiPhoneへのAirDropを使いこなせばもっと効率が上がるかもしれませんね!

AirDropとは

写真や動画をiPhoneやMAcなど Apple製品間で送り合うことができる機能です。

AirDropの特徴についてみていきましょう。

・連絡先のわからない相手にも送る事ができる。

・メールなどよりも簡単にデータを送る事ができる。

AirDropは連絡先のわからない相手にも簡単にデータを送る事ができます!

・iPhoneやiPadなどApple製品同士でしかデータをやりとりできない。

・相手が近くにいないとデータを送れない。

自分のデバイスと送り先のデバイスが近くにあり、かつApple製品でないと使えません。

 

Apple社公式サイト【AirDropについて】

 

AirDropの使い方

AirDropは簡単に使う事ができます。

僕はibISPaintというアプリケーションでアイキャッチ画像を作成しています。

(アイキャッチ画像はこの記事の一番上に表示されている記事の看板の画像のようなものです。)

 

アイビスペイントX

アイビスペイントX

ibis inc.無料posted withアプリーチ

アイキャッチ画像はiPhoneでibispaintを使って作っています。なので、ブログに使うためにはパソコンに送らなければいけません。

こんな時にAirDropが大活躍です。

AirDrop

これがibispaintのギャラリーの画面です。

ここで、右から4番目(左から3番目)のマークを押します。よく見るマークですね。

するとお馴染みのこういった画面が開きます。

AirDrop

近くにApple製品のデバイスがある場合は少し待つと1番上にアイコンマークが出てきます。

ここで、自分がデータを送信したいデバイスを選びます。

 

AirDrop

データが送信されると「送信済み」と表示されます。

ibispaintではなくても同様の共有マークを押すことで共有する事ができます。

設定マーク

例えばMacからiPhoneにデータを送る場合には、、、

上部のバーなどにある同じ形の共有マークを押すことで

AirDrop

こんな感じで選択肢が出てきますので、AirDropをクリックしましょう。

そうするとiPhoneでの操作と同じように送信先のデバイスを選択できます。

AirDrop

選択してしばらく待つと送信済みとなます。

 

AirDropの設定方法

もし、他の人からのAirDropを拒否したかったり、AirDropが送れない場合は設定を見直してみましょう。

AirDropの設定は簡単に行う事ができます。

MacでAirDropを設定する方法

AirDrop

まずはMac上部の移動をクリックします。

 

AirDrop

するとこのように選択肢が表示されるのでAirDropをクリックしましょう。

 

AirDrop

表示された画面左下に「このMacを表示可能な相手」という項目がありますのでクリックしましょう。

 

 

AirDrop

ここで「なし」を選べば誰からもAirDropを受け取ることはありません。

「連絡先のみ」にすると連絡先を登録している相手からのみ受け取る事ができます。

「全員」にすると近くの人からAirDropを受け取る事ができます。

iPhoneやiPadでAirDropを設定する方法(痴漢防止も!)

次に、iPhoneでの設定方法です。

まず、設定を開きましょう。

設定画面

一般を選択します

AirDrop

そしてAirDropを選びましょう。

AirDrop

すると、このような画面が表示され、Macの場合と同様に選択する事でAirDropの受信を制限する事ができます!

 

いかがだったでしょうか?

AirDrop!賢く使えば大変便利な機能です。ぜひ使いこなしてみてください!